くらし遊ビギナー

暮らしで遊ぶ、アソビギナー

部屋になじむモカブラウン【トランポリン】ついに買った室内用。8本脚で超安定!保育園児~大人まで大満足レビュー

f:id:irokara:20220408234618p:plain

保育園児(娘)と小学校低学年(息子)を育てているワーママです。

 

ここ数ヶ月、月に何度も保育園が休園となり、そのたびに在宅保育を行っています。

それも数日間、外出禁止令つき。

 

そこで、こどものストレス発散のため、ずっと迷っていた「トランポリン」をついに購入しました。

 

迷っただけあって、かなり大満足なお買い物になったので、レビューしたいと思います。

折りたたみトランポリン

 

購入したのは、こちら。

 

eSPORTSオリジナル「室内用トランポリン」です。

 

トランポリン、検索するとたくさんヒットしますよね。

バネ製、ゴム製、ハンドル付き、クッション的なもの・・・

 

あまたあるトランポリンの中で、どうしてコレに行き着いたのか。

ゆっくり解説していきます!

 

部屋になじむカラーバリエーション

 

折りたたみ式のものや、コンパクトなものでも、やっぱり日常的に「使っては片付け、使っては片付け・・・」とするのは、なかなか厳しいところ。

どうしても、出しっぱなしにしてしまうことを想定します。

 

購入をずっと悩んでいたのは、この点でした。

 

我が家のこどもの遊び場は、リビング。

ゴツイものをずっと置いておくのは、さすがにストレスがたまってしまう。

 

でも、ネットでこのトランポリンを見た瞬間、迷いが消えました。

 

みて、このカラーバリエーション!

室内用トランポリン モカブラウン

楽天サイトより
  • マカロンピンク
  • モカブラウン
  • ミント
  • ラムネ

どれも、めちゃくちゃかわいい!

置く部屋によって、テイストを選べる嬉しさ。

 

リビングに置く我が家は、モカブラウンを選びました。

 

8本脚の安定感

 

多くのトランポリンの脚は6本か4本。

ところが、このトランポリンの脚は8本あります。

 

だから、ジャンプしてもガタツキが少なく、とっても安定しているように感じます。

3歳の娘も、怖がらないで果敢にチャレンジするほど。

 

耐荷重も100㎏あるので、大人も余裕で飛べます。

 

脚のひとつひとつに、ラバーキャップがあるので、さらに滑らずに安定。

脚は取り外せるので、長期利用しないときなども便利です。

室内用トランポリン モカブラウン

バネか、クッションか?

 

一番悩んだのは、トランポリンのつくりでした。

 

狭い部屋ですし、こどもが利用するものです。

バネやゴムの、ザ・トランポリンというものより、クッション的なもののほうがいいんじゃないかって。

 

こういうのです。

 

クッションなので、もちろん部屋になじむし・・・。

 

でも、「クッション」と「ザ・トランポリン」の耐久性を考えて考えて、最終的にバネ製のものにしました。

クッションは、こどもがたくさん飛ぶと、形が崩れたり縫い目がほつれたりしやすい気がして・・・。

 

バネ部分、本当にしっかりしていて、夫が飛んでも、へっちゃらでした。

カバーをかけるので、こどもが足をはさんでしまう危険も少なく感じます。

丸みを帯びた形状のバネなので、ガリっとひっかけてしまうこともありません。

室内用トランポリン モカブラウン

 

もちろん、小さなお子さんが使うときは、必ず保護者がそばにいる必要があると思います。

でも、そばで見ていても、ケラケラ楽しそうにずっと飛び跳ねているので、こっちまで安心して笑ってしまいます。

室内用トランポリン モカブラウン

お値段以上!

 

そして、やっぱりお値段です。

これ、他のトランポリンと比較しても安い方だと思います。

とくに、わたしは楽天のセールで購入したので、なんと3,000円台で購入しました。

 

あんまり安いから「大丈夫か?」と思ったんですが、口コミも悪くなかったので、勢いよくポチっとな。

 

思ったより重くて(そりゃそうですよね)、折りたたみも力が必要でしたが、それ以外の部分は大満足。

まさにお値段以上でした。

 

むすび

 

我が家のリビングに来た日から、こどもたちは毎日ぴょんぴょん跳ねています。

 

大人は数分飛ぶだけで息があがるのに、なんでこどもはエンドレスで飛べるんでしょう?

謎です。

 

このトランポリンと交代して、以前購入した室内すべり台をお片付けしました。

kurashi.asobeginner.com

 

コロナ禍スタートして、すぐに購入したすべり台だったので、盟友か戦友のような気持ちでしたが・・・デカかった(笑)

すべり台とトランポリン、両方置いたら、リビングじゃなくてジムになってしまう。

 

幅も高さもあるすべり台を撤去して、コンパクトなトランポリンになったことで、部屋が少し広くなった気がします。

 

それでも、やっぱりおもちゃ箱のようなリビング

おしゃれでシックな空間づくりができるのは、まだまだ遠い未来ですが、これはこれでとても明るくて落ち着く「いい部屋」だなと思います。

 

いつも目のはしに、小さな影が飛び跳ねていて。

いつも耳に、きゃあきゃあ言う声が響いていて。

 

そんな生活は、今しかできません。

永遠には続かない、この貴重な時間を、おもちゃ箱みたいなリビングであと何年過ごせるかな、なんて考えています。

 

もう少し、みんなで騒げる部屋でありますように・・・。

 

※はてなブログの、今週のお題「わたしの部屋」に参加しています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が、何かのお役に立てば幸いです。

 

\よろしければこちらの記事もどうぞ/

kurashi.asobeginner.com

kurashi.asobeginner.com

kurashi.asobeginner.com