くらし遊ビギナー

暮らしで遊ぶ、アソビギナー

ばら売り【おすすめクレヨン】好きな色はすぐなくなる!単色買いできればまるごと買うよりお得

こどものお絵かきグッズ、どんなふうに調達していますか?

 

5歳の息子も、1歳の娘もお絵かきが大好きです。

特に息子は、気づくといつも自由帳に何かを描いているほどの没頭ぶり。

 

お絵かきするこどもの姿は、とてもかわいらしく、嬉しい成長ですよね。

 

でも、そんな喜ばしい成長の一方で、現実的な問題が・・・。

馬鹿にならないが自由帳(お絵かき帳)やクレヨンの消費量です。

いや、ほんとバンバンなくなる・・・。

 

そんなに高級なものではないとはいえ、なくなるたびに新調していたら、家計直撃です。

でも、「描きたい」というこどもの欲求にはこたえてあげたい。

 

そこで、今日はわたしが知って得した、クレヨンのバラ売り・買い足し購入について書こうと思います。

水でおとせるクレヨン

 

昭和なわたしとしては、「お絵かきなんて広告の裏紙でいいんじゃない?」という気分なのですが、最近の広告は両面印刷。

裏側が白い紙なんて、ほとんどありませんね。

 

なので、自由帳(お絵かき帳)は、もっぱら100円ショップかドラッグストアで購入します。

 

クレヨンも100円ショップで売っているのですが、こちらは購入していません。

こどもが小さなころから愛用しているクレヨンがあるためです。

サクラクレパスの「水でおとせるクレヨン」です。

  • 折れにくい
  • 発色がよい
  • 汚れてもすぐに水で拭き取れる
  • 太くて握りやすい

箱にゴムがついていて、お片付けも簡単。

こどもたちも使いやすいようなので、違うクレヨンに乗り換えることができません。

 

好きな色は、すぐなくなる

 

でも。

こどもがよく使う色はすぐになくなってしまうんですよね。

 

水でおとせるクレヨン バラ売り
水でおとせるクレヨン バラ売り

 

長いこと愛用しているクレヨン。

巻いてあった紙も取れ、ボロボロになっていますが、息子や娘の宝物です。

 

こう見ると、なくなる色、ほとんど減らない色が明白。

 

なくなっているのは、赤と茶色と黒。

消防車と、カブトムシと、クワガタを山ほど描いているから。

 

クレヨンを見ると、こどもの好きな色・好きなものが見えてきます。

 

とても微笑ましいですが・・・たった3色のために、クレヨンを新調する?

ちょっともったいないですよね。

 

長いままのピンクなどは、どんどんたまっていく一方で、赤や茶色はまたすぐなくなるのが目に見えています。 

f:id:irokara:20190623000624j:plain 

クレヨンのバラ売り

 

そんなとき、ネットで「水でおとせるクレヨン」は1色ずつバラ売りしていることを発見。

もちろん全色、取り扱いされています。

 

1本ずつのお値段なので、箱で買うよりは割高に感じます。

でも、新しいものを購入し、またすぐ1色だけなくなってしまうことを考えればコスパがいいように思います。 

 

ちなみに、参考までに貼った上のリンクは5本セットのものです。

1本から購入できるサイトもありました。

 

送料に注意して、いろいろなサイトを比較することをおすすめします。

 

むすび

 

指よりも長かったクレヨンが、いつの間にか小さなかけらになっている。

それでも、大事そうに握ってお絵かきしているこどもたち。

 

クレヨンの減り加減は、こどもたちの成長の証。

親としては、できるだけニコニコと見守ってあげたいですよね。

 

そして同時に、長く大切に扱ってほしいとも願っています。

 

そんな親の思いを叶えてくれる「バラ売り」。

効率的で、良心的なシステムだと思いました。

 

もし、これからクレヨンの購入をする場合、「バラ売り」の有無も確認してから決めるとよいかもしれません。

減る色は決まっています。

こどもの好きな色、本当にあっという間になくなっちゃいますから。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が、何かのお役に立てば幸いです。

 

★よろしければこちらもどうぞ★  

kurashi.asobeginner.com

kurashi.asobeginner.com

kurashi.asobeginner.com

kurashi.asobeginner.com